詰め物がとれてしまった・・・取れたものが手元にある場合



とれたしまった銀歯をお持ちいいただいて歯に安全に戻せるようでしたら一回の治療で
レントゲン検査、初診料など患者様の状況により変化はありますが一番高くなったとしても
一本約2500円ぐらいです。







詰め物がとれてしまった・・・取れたものが手元に無い場合



白い樹脂が取れてしまった場合一回で治療可能です。


取れてしまった歯の状況により金額は変わりますが初診料、レントゲン検査料を合計して


高くても一本約2500円ぐらいです。








銀歯が取れてしまってなくしてしまった。場合は最低で2回通院が必要です。一回めに型を取り2回目に銀歯を入れます。


1回目の料金は、初診料、レントゲン検査、型取りなど含めまして高くても一本約3000円です。


2回目の料金は金属を入れさせていただきますので一本高くても約3000円です。











歯が痛い場合。   神経のある歯の治療



神経をとらなくてよい場合虫歯が小さく一回で治療が可能な場合は歯の状況により金額は変わりますが初診料、レントゲン検査料を合計して


高くても一本約2500円ぐらいです。


神経をとらなくてよい場合で虫歯が大きい場合は歯の状況により金額は変わりますが最低でも2回の通院が必要です。




1回目の料金は、初診料、レントゲン検査、型取りなど含めまして高くても1本約3000円です。


2回目の料金は金属を入れさせていただきますので一本高くても約3000円です。

歯が痛い場合。   神経をとらなければならない治療



神経をとらなければならない場合は最低でも2回の通院が必要です。
神経の状況により通院回数は2回から6回ぐらい幅があります。


1回目の料金は、初診料、レントゲン検査、神経の治療など含めまして高くても1本約3000円です。

2回目の以降の料金は神経の治療など含めまして一本高くても約1000円です。

金属の土台、金属を入れるときには、1本 約3000円から(奥歯の場合)、5000円(前歯の場合)かかります。

歯が痛い場合。  神経の無い歯の治療












メタルボンド冠(白い歯にする治療)  

自費の治療





中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)


見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。


さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。


強度が強いため前歯だけでなく奥歯でも使うことができ幅広く行われている治療のひとつです。






メタルボンドのメリット


1、 色が歯に似ているので見た目が良い。


2、中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。


3、中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる。


4、オールセラミッククラウンよりも強度がある。


メタルボンドのデメリット


1、中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色


2、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もある。(銀やニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い場合)


3、色調はオールセラミッククラウンに劣る。 (下記のオールセラミッククラウンの説明をご参照下さい)


4、裏側からは金属が見える。


5、将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。


6、保険外の治療なので、値段が高い。




1本89250円(税別)




オールセラミッククラウン(金属無しでの白い歯にする治療) 

自費の治療





オールセラミック冠は、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)です。

非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。


オールセラミッククラウンのメリット

1、非常に見た目が良く、ほとんど変色しない。

2、汚れ(プラーク)が付きにくい。

3、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い。



オールセラミッククラウンのデメリット

1、強度が若干弱いため割れやすい。

2、歯を削る量が比較的多い。

3、天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。

4、仮止めで様子を見ることができない。

5、長期的予後については、まだはっきりとは分かっていない。

6、将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。

7、保険外の治療なので、値段が高い。

8、術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい。


1本105000円(税込)


エステニアインレー(金属無しでの白い歯にする治療) 

自費の治療





比較的小さい虫歯を削り、型取りをして入れる詰め物のことをインレーといいます。

歯全体をおおうかぶせもの(冠)ではなく、歯の一部分をおおう詰め物を指します。

その材質によりインレーにもいくつかの種類がありますが、エステニアインレーは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた

白い色のインレー(詰め物)を指します。



エステニアインレーのメリット

1、型取りをしてインレー(詰め物)を入れる場合、保険では基本的に金属を使ったものになるが、エステニアは白く、歯の色によく似ている。



エステニアインレーのデメリット

1、保険内で入れられる金属のインレーと比較して値段が高い。

2、保険内で入れられる金属のインレーより強度が劣るためかけやすい。




1本42000円から56700円(税込)

大きさによって値段が変わります。

ラミネートベニア  

自費の治療









自分の歯の表面をできる限り薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。

ネイルチップと違い一度つけたら外せません。材料は一般的にはセラミック(ポーセレン)などが使用されます。



ラミネートベニアのメリット

1、色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正することができる。

2、ホワイトニングでの「白」よりもっと白くできる

3、生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる

4、色が元に戻ることはない

5、削る量が少ない。


ラミネートベニアのデメリット

1、自分の歯を削らなくてはならない。

2、ホワイトニングに比べて高価。

3、強度があまりないため貼り付けたところが外れたり、割れたりすることがある。





1本63000円から84000円(税込)


部位、大きさによって変わります。

ノンクラスプデンチャー (バネが無い入れ歯)

自費の治療










ノンクラスプデンチャー(バネなし入れ歯)のメリット


1.金属の金具が見えて気になる方

2.ブリッジのように健康な歯を削りたくない方。

3.インプラントによる修復が困難な方
(手術が怖い、十分な骨量が無い、金額的にもっと抑えたいなど)。

4.金属アレルギーの方。


ノンクラスプデンチャー(バネなし入れ歯)のデメリット

1.保険適応でない。

2.どんなケースでも作製できるわけではない。

3.使用する素材(スーパーポリアミド樹脂製 )によっては、修理が困難。



2歯以下 105000円(税込) (入れ歯)


3歯以上 126000円(税込)



マウスピース矯正
自費の治療












マウスピース矯正のメリット


1.あらゆる矯正法の中で、最も目立たない。

2. マウスピースは取り外し式なので、清潔。


マウスピース矯正のデメリット

1. 歯を抜かなくて済むような、比較的簡単な矯正にしか使用できない。

2. ほとんど1日中マウスピースを装着しておく必要があるが、これは患者本人が行うため、
患者がマウスピースの装着をさぼることがある。(さぼると治療期間が延びる)

3. 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。

4. 歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、
矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。



105000円から630000円(税込)症例によって料金が変わります。

メインテナンス(三週間に一回通院)1回 2100円(税込)

インプラント


当院ではインプラントの治療は行っておりません。 今までインプラントの治療を数多くみてきましたが自分がもし歯がなくなったときインプラントを入れることは無いと感じるのでインプラント治療はいっさい行っておりません。














日曜診療行っております。
五島デンタルクリニック     


TEL 042-765-2217